技術と誠意 社会基盤整備のトータルプロデューサー

株式会社 双葉建設コンサルタント


新庄市のシンボル 神室連峰・杢蔵山

 page HOME業務案内・実績測量部門>UAV撮影・3次元レーザー計測

お問い合わせサイトマップ





i-Construction
「コマツ」とパートナーシップ
契約を締結!

国土交通省が進めている
i-Construction導入の本格化などに伴い、ICT土工の3次元測量を推進する「コマツ」とパートナーシップ契約を締結しました。全国に先駆け東北6県と新潟県から各1社で計7社が締結しました。

▲調印式 ※クリックで拡大
出典:コマツホームページNews&Topics(一部加工)



▲新聞記事 ※クリックで拡大


▼関連情報

コマツスマートコンストラクション コンセプト映像YouTube)

「3Daysわたしたちの道路」女性社員5人で道路工事にチャレンジ(YouTube)

国土交通省ホームページ i-Construction



i-Construction
ロゴマーク

「改革的テクノロジーが、日本の建設現場を劇的に変えていく。その原動力が、日本を次のステージへと推し進めていく。」というデザインメッセージを、拡がりとスケール感のあるオーバル型の”ic”で表現。赤は日本、誇りをイメージしています。
※引用:「i-Constructionロゴマーク デザインコンセプト」国土交通省

i-Construction推進コンソーシアム(国土交通省)





   測量部門

業務実績 UAV撮影・3次元レーザー計測















 UAV撮影(ドローン上空撮影)・3次元レーザ計測(立体画像計測)



 災害、減災、防災など、作業員の立ち入りが危ぶまれる危険個所の状況を、迅速に安全に観測データを
提供する目的で取組んでおりますが、日常的や定期的な維持管理や状況確認など、様々な用途に合わせて
ご活用いただけるものです。


 「3次元レーザースキャナ」を使用した地形や構造物の3Dワイヤーフレーム画像(格子画像)は、計測した3D点群の1点1点が座標を持つため、任意箇所での断面図作成や面積・ボリューム算定などに活用して頂けます。


 「ドローン」を使用した上空撮影は、現地状況や変動状況の把握など、様々な場面で多用途に活用して頂けます。


 お問い合わせもお気軽にお寄せ下さい。




 ”i-Construction”ICT活用の3次元測量に向けた取り組み!



 3次元測量データで管理する!


 国土交通省では、「ICT の全面的な活用(ICT 土工)」等の施策を建設現場に導入することで建設生
産システム全体の生産性向上を図り、魅力ある建設現場を目指す取組であるi-Construction(アイ・コン
ストラクション)を進めています。

 当社は、UAV(ドローン)での上空撮影、3次元レーザースキャナでの地形や構造物の計測、TS(トー
タルステーションやGNSS(全球測位衛星システム)での地形測量など、所有する機器と技術ノウハウを
活用してi-Constructionへの貢献を目指しています。


クリックで拡大


出典:国土交通省「平成28年度からi-Constructionで建設現場が変わります!」 ↑クリックで拡大







< iーConstructionの関連用語 >


 耳慣れない言葉が出てきたと思いますので、大雑把に説明します。


i-Constructionは3次元データを駆使した情報化施工やCIMの活用などを統合して建設現場の生産性を
向上すること。


CIM(Construction Information Modeling)は公共事業の一連の過程でICTツールと3次元データモデ
ルの導入・活用で建設事業全体の生産性向上を図ること。建築建設の設計・施工・管理など全工程で情報
活用を図るBIM(Building Information Modeling)を土木分野にも活用しようとするのがCIM


ICT(Information and Communication Technology)は情報伝達技術。


UAV(Unmanned Aerial Vehicle)は無人航空機。Droneは通称のようなもの。国土地理院では平成28
年(2016年)3月に、UAVを測量で使用できるように「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」「公
共測量におけるUAVの使用に関する安全基準(案)」を公表しました。


関連として、IT(Information Technology)情報技術、業務効率の改善を目的としたOA技術。
OA(Office Automation)事務部門の能率向上のための自動化。IOT(Internet OfThings)モノのイン
ターネット。


※用語の説明はインターネットの検索情報を参考にしています。



 UAV撮影(ドローン上空撮影)



 現地状況を上空写真で監視・管理する!




 「ドローン」を使用した上空撮影は、現地状況や変動状況の監視や記録など、様々な場面で多用途に活
用して頂けます。




 特に、災害・防災など、人の立ち入りが困難な場所の安全な状況把握や、迅速な対策検討に威力を発揮
します。




 ただ、小型軽量がゆえに飛行が天候条件に左右されやすい側面もありますが、調査における人的二次災
害の防止や、様々なアングルからの画像撮影、GPSを利用した飛行経路追跡など、ご利用の効果を提供で
きるものです。



●ドローンの運航計画や操縦は、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)の認定スクールを終了
し技能認定された、当社の「無人航空機操縦士」ならび「安全運航管理者」の資格技術者が行います。


 ※無人航空機操縦士:無人航空機を安全に飛行させるための知識と操縦技能を有する者。
 ※安全運航管理者:無人航空機の運航に関わる十分な安全と法律の知識を有し、飛行業務の安全を管理する者。








 ドローン(drone)と呼ばれるのは、蜂の羽音に似ているから(諸説あるようですが・・・)。また、音楽
では長い単音をドローンというとも・・・。確かにプロペラ回転のブーンともピューンとも聞こえる音がそ
うなのかもしれません。

 無人航空機をドローンと呼ぶことは、メディア報道によって社会に定着した感がありますが、UAV、マ
ルチコプターなどと呼ばれる場合もあります。行政関係ではUAVと呼ぶことが多いようですが、分かりや
すくするためにドローンと併記しているものも多く見受けます。




<ドローンで撮影した当社上空写真>


  

      ▲高度約30m(広角レンズ)               ▲高度約100m(広角レンズ)



  

      ▲高度約150m(広角レンズ)              ▲高度約50m(標準レンズ)



  

      ▲高度約65m(標準レンズ)              ▲高度約100m(標準レンズ)


▼ドローン撮影動画デモ(MP4_1.62MB)※編集の関係で少しボケています。ご了承ください。


▼ドローン撮影動画デモ(MP4_3.56MB)※編集の関係で少しボケています。ご了承ください。




ドローン撮影に関するご質問やお問い合わせは「地理情報システム室」までお気軽にお寄せください。 
E-mail:pi@futaba-c.co.jp




 3次元レーザー計測(立体画像計測)



 立体画像で見て、管理する!


 「3次元レーザースキャナ」で対象とする地形や構造物などをスキャニングし、3D点群のワイヤーフ
レーム画像(格子画像)を提供します。

 ワイヤーフレームは必要に合わせた密度で計測が可能で、観測点を移動して計測することで連続的なつ
なぎ合わせや立体的な形状フレームの作成も可能です。

 3D点群は1点ごとに座標付けされるため、これらの点座標を利用した縦横断図の作成、面積やボリュー
ムの算定、ゆがみや移動距離の算定など、多様な利用が可能なデータとなります。



▲3次元レーザースキャナ実測画像(3D点群データ、画像粒子の1点1点が座標付けされています)



▼3次元レーザースキャナ画像化デモ(MP4_1.62MB)※編集の関係で少しボケています。ご了承ください。



 3Dスキャニング こんな場面にご活用ください!







面積やボリュームの算定に!




土工事、採掘、処分場の埋立て、砂防ダムの堆積など、等高線で表示される計測地形で現状が把握でき、計測データを利用したボリューム算定などに活用できます。人間が現場に立ち入ることなく計測できるため安全性も向上します。また、地表面の凹凸も表現され、任意位置での断面図作成も可能であり、必要箇所の面積やボリューム算定ができます。







構造物の維持管理に!




橋梁をはじめとする作業員が容易に直接計測できない構造物の3D形状データを得ることで、破損や変状などが把握でき、修復個所の特定、寸法形状の計測、修復部材の積算など多岐にわたり利用することが可能です。定期的な計測を行うことで経年変化を確認することができます。







危険個所の測定、省力的にデータ計測・保存しておきたいなど、様々な場面に活用ください!




道路の維持・修繕の管理計画、河川・ダム・堤防などの計画やシミュレーション、再現データとして保存しておきたい構造物や地形状況など、特に作業員の立入が危険な個所や省力的にデータ計測・保存しておきたい場面で、計画や維持管理に活用展開できます。







3次元レーザースキャナの画像機能や画像例はこちらでご覧ください




 TOPCONホームページ → 3次元レーザースキャナ―GLS-1500
 TOPCONホームページ → 3次元レーザースキャナ―GLS-2000








3次元レーザースキャナ計測に関するご質問やお問い合わせは「地理情報システム室」までお気軽にお寄せください。 E-mail:pi@futaba-c.co.jp





  UAV撮影・3次元レーザー計測 業務実績  (近年の主な業務実績)



 UAV撮影関連





平成29年度 山形県 最上総合支庁
平成28年度(補正)ダム整備事業(地方創生拠点整備効果促進)最上小国川流域情報発信映像等製
作業務委託



平成29年度 民間企業
赤川助川地区河道掘削工事ドローン測量



平成29年度 民間企業
湯尻川掘削築堤工事(出来形測量)




平成28年度 民間企業
UAVによる映像撮影業務



平成27年度 山形県 戸沢村
最上川に係わる空中写真撮影業務




 3次元レーザー計測関連





平成29年度 民間企業
赤川中部河道掘削工事 最終出来形測量UAV+TLS方式



平成29年度 民間企業
下モ山地区道路改良工事(出来高測量、日東道)TLS方式



平成29年度 民間企業
常万地区改良舗装工事(出来高測量)TLS方式




平成26年度 防災科学技術研究所
雪崩映像解析業務/3D画像解析・編集



平成26年度 東北地方建設局 酒田河川国道事務所
酒田管内路線測量の業務内でL≒500m区間の3Dスキャニング計測

注)UAVはドローン、TLSは地
上レーザースキャナによる計測
の略称です。



※測量・調査・設計などのように1物件に複数分野が含まれる業務は、各部門実績に重複記載の場合もありますので、ご了解ください。


▲ このページの先頭へ


>> 次のページ 業務案内・実績>建築設計部門




HOME会社案内業務案内・実績採用情報お問い合わせおら家の情報発信                 サイトマップ品質・情報保護当サイトの利用

双葉建設コンサルタント  ”技術と誠意”で社会基盤整備をトータルプロデュース
〒996-0002 山形県新庄市金沢字谷地田1399番11 TEL:0233-22-0891 E-mail:pi@futaba-c.co.jp

©1999−2018 Futaba Kensetsu Consultant