技術と誠意 社会基盤整備のトータルプロデューサー

株式会社 双葉建設コンサルタント


新庄市のシンボル 神室連峰・杢蔵山

 page HOME業務案内・実績建築設計部門>建築設計事例紹介>Y様邸 新築工事

お問い合わせサイトマップ







   建築設計部門

業務実績 建築設計部門












 建築設計事例紹介

 家族の暮らす姿をイメージできる3次元CG完成予想図で建築プランを提供します




※ご紹介の写真等は、施主様のご了解のもとに掲載させて頂いております。掲載に関して施主様または関係者の皆さまの
不都合となるものがある場合は、ご連絡下さい。



















 Y様邸 新築工事


 工夫と技術でローコスト・断熱性能向上の薪ストーブ省エネ住宅の建築設計!



設計概要



 在来木造構法 木造2階建住宅 延べ床面積 243 m2


施主様の要望



 すっきりとしたシンプルな外観。KDLオープン式、客間和室、両親の寝室と専用のゲスト室、主寝
室、子供室3室、たくさんの収納スペース、各室が南面に配置。床下の防湿。メイン暖房に薪ストー
ブを用いたい。


設計者コメント



 要望された室を全室南面に配置し、将来の介護(車椅子の使用)を想定して1階廊下巾を120cmにし
て、親夫婦寝室・親夫婦客室の近くにWC・浴室を配置し動線が短くなるようにした。また1階廊下の
外部側の壁一面には、施主奥様の要望であるボリュームある収納スペースを設けた。

 本来の木造住宅の姿を基本とし、内部はあえて柱を現す真壁仕上げとして、居間の上部は吹抜にし
て杉の梁を現し、各室の腰壁に杉板を張り 地場産の木材をふんだんに使用して、木のぬくもりを感
じるように、また、壁・天井は珪藻土系仕上げ材、塗料は自然素材の物を使用して体に優しい住宅を
提案した。

 メインの暖房は、施主の要望と設計者の考えが合致した、自然熱源でやわらかい暖かさを得られる
薪ストーブを採用した。断熱工法は、高気密・高断熱仕様ではなく、壁・天井は、一般的なグラスウ
ール断熱材を使用し、また床にはウレタン系の断熱材を使用し、取り付ける際に工夫を施す事によっ
て、ローコストで断熱性能を向上させる工法の提案をした。



● 住宅の設計打合せCGと完成写真

▼ 外観 打合せCG

 完成写真

▼ 外観 打合せCG

 完成写真

▼ 内観 打合せCG(居間から食堂)

 完成写真

▼ 内観 打合せCG(居間から吹抜け

 完成写真



● 完成内覧写真

▼ 完成写真(自然採光の明るい玄関)

▼ 完成写真(廊下と収納庫)
▼ 完成写真(居間)

▼ 完成写真(客間)
▼ 完成写真(寝室)

▼ 完成写真(子供室)
▼ 完成写真(奥様の趣味室)

▼ 新生活の薪ストーブ火入れ!(居間)


● 住宅完成までの工事写真

▼ 地盤支持力調査から基礎杭打設を決定

▼ 防湿断熱処理の基礎工事


▼ 耐震金物取り付け
▼ 建て方


▼ 屋根葺き
▼ 断熱材・合板の床気流止め


▼ 高耐久性ガルバリウム鋼板外壁
▼ 外壁通気層下地、不燃断熱材下張り


▼ 天井下地ボード、壁・天井の断熱・気流止
▼ 天井は無垢杉板、床は無垢桧板張り


▼ 地産の長沢和紙で天井張り
▼ 珪藻クロス張り


▼ 床板・壁板の塗装はエコ自然塗料
▼ 雨水側溝、舗装など外構工事

▲ このページの先頭へ

建築設計事例の最終ページです >> 次のページ 建築設計>建築設計と工事監理




HOME会社案内業務案内・実績採用情報お問い合わせおら家の情報発信                 サイトマップ品質・情報保護当サイトの利用

双葉建設コンサルタント  ”技術と誠意”で社会基盤整備をトータルプロデュース
〒996-0002 山形県新庄市金沢字谷地田1399番11 TEL:0233-22-0891 E-mail:pi@futaba-c.co.jp

©1999−2017 Futaba Kensetsu Consultant