技術と誠意 社会基盤整備のトータルプロデューサー

株式会社 双葉建設コンサルタント


新庄市のシンボル 神室連峰・杢蔵山

 page HOME業務案内・実績建築設計部門>建築設計事例紹介>K様邸 新築工事(古民家再生)

お問い合わせサイトマップ







   建築設計部門

業務実績 建築設計部門












 建築設計事例紹介

 家族の暮らす姿をイメージできる3次元CG完成予想図で建築プランを提供します




※ご紹介の写真等は、施主様のご了解のもとに掲載させて頂いております。掲載に関して施主様または関係者の皆さまの
不都合となるものがある場合は、ご連絡下さい。



















 K様邸 新築工事(古民家再生住宅)


<2005サステナブル建築 住宅部門最高賞「国土交通大臣賞」受賞!>
 古民家再生、高断熱・高気密住宅の建築設計!



設計概要



 木造2階建 古民家再生の高断熱・高気密住宅 延べ床面積 214 m2


施主様の要望



 古民家再生住宅、KDLオープン非対面式キッチン、客間和室・主寝室・多目的室(子供部屋)の配
置、メイン暖房に薪ストーブを用いたい。


設計者コメント



 古民家再生住宅のため自由な間取りは不可能であったが、部分的に柱の新設、柱の抜き取り、梁の
盛替えなどを施し、最大限に古材をそのまま利用し要求される諸室を配置した。古材の懐かしさ・落
ち着きを出来るだけ表せるように、玄関上部、居間上部は吹抜けとし、奥様の自由空間(家事ワーク
スペース兼パソコンスペース)をキッチン脇に、建物西側に愛犬トレーニングスペースを兼ねた薪置
き下屋を設け、夏季の西日対策としても有効的な物となるよう提案した。

 より少ないエネルギーで快適に暮らせるよう高気密・高断熱仕様とし、メインの暖房は、機械暖房
では無く、施主の要望である自然熱源でやわらかい暖かさを得るために薪ストーブを採用した。カウ
ンターや上がり台などは、欅の無垢材を使い、洗面所に竹製のタオル掛や物掛を設けるなど細かなと
ころにも気配りをした。




● 古民家再生住宅 設計打合せCG

▼ 外観 打合せCG


 ▼ 外観  打合せCG

▼ 内観(居間) 打合せCG


 ▼ 内観(吹抜けから居間) 打合せCG

▼ 内観(居間から客間) 打合せCG


▼ 内観(洗面所) 打合せCG



 ● 古民家再生住宅 完成内覧写真

▼ 完成写真(居間)


▼ 完成写真(居間から客間)

▼ 完成写真(居間から吹抜け)


▼ 完成写真(吹抜けホール)

▼ 完成写真(吹抜けホールから居間)


▼ 完成写真(中二階利用のロフト)

▼ 完成写真(寝室)


▼ 新生活の薪ストーブ火入れ!(居間)



 ● 古民家再生住宅 工事写真

▼ 解体前の古民家

▼ 一つ一つ丁寧に解体作業



▼ 建て方

▼ 解体した部材を加工



▼ 今は見られない太い太鼓梁

▼ 内部の柱、梁組



▼ 外壁内部断熱・機密シート張

▼ 外壁外部断熱材充填



▼ 構造一般公開の内覧会

▼ 今なお頑丈な材料に皆驚嘆



▼ 内部左官仕上げ

▼ 外部左官仕上げ




● 竣工にあたって(設計担当者)
 古く燻されて黒くなった柱・梁は、住んだ事のない人にとっても何故か懐かしさを感じさせ、想像以
上に安らぎ・落ち着きを与えてくれた。メインの暖房に薪ストーブ(補助暖房機無し)を採用し、建物
内全室の暖房に成功した事で、高気密・高断熱工法の場合は機械暖房設備(温水パネル・温風ダクト式
など)に頼らなければならないという概念を打ち破った。

 打合せを行っているうちに、施主の奥様が、室内の空気汚染に敏感で健康影響を受けやすいご心配の
お話があったため、建材などはVOC発散の無い物か一番低い物を使用し、内部外部の塗装材料は、自然
素材の物を用いる配慮を行った。その結果、以前に住まわれていた住宅のような不快感は無くなり、新
居では快適に過ごしていると笑顔で話していただきました。



▲ このページの先頭へ


>> 次のページ 建築設計事例>Y様邸 新築工事




HOME会社案内業務案内・実績採用情報お問い合わせおら家の情報発信                 サイトマップ品質・情報保護当サイトの利用

双葉建設コンサルタント  ”技術と誠意”で社会基盤整備をトータルプロデュース
〒996-0002 山形県新庄市金沢字谷地田1399番11 TEL:0233-22-0891 E-mail:pi@futaba-c.co.jp

©1999−2018 Futaba Kensetsu Consultant