技術と誠意 社会基盤整備のトータルプロデューサー
2016年創立50年を迎えました

株式会社 双葉建設コンサルタント


新庄市のシンボル 神室連峰・杢蔵山

 page HOMEおら家の情報発信最上地方どんな所?>新庄まつり

お問い合わせサイトマップ







<リンクサイトご紹介>
※別ウインドウで開きます


「新庄まつり」をもっと知りたい方は下記サイトにアクセスしてみて下さい。
新庄まつり公式ホームページ




新庄市ホームページ



 他にもいろんな情報発信サイトがありますので検索してみて下さい。
山車の写真や囃子の音源など、いろんな情報が公開されております。





▼2014新庄まつりポスター

▼2015新庄まつりポスター

▼2016新庄まつりポスター

※クリックで拡大




    最上地方どんな所?









  新庄まつり  <国重要無形民俗文化財指定山車行列>

 毎年8月24〜26日は「新庄まつり」、24日は宵まつり・25日は本まつり・26日は後まつりと呼ばれ、最上地方の最大の夏祭りで、多くの見物客で街は3日間夜遅くまで祭り一色に染まります。
 新庄市内の各町内ごとに製作した20数台の山車(やたい)に、近郷町内の囃子がついて市内を練りく様は歴史絵巻のパレードです。地域の人々に育まれ250余年引き継がれる「新庄まつり」をご紹介します。

市内をねり歩く山車(やたい)


新庄まつりのあらまし

 「新庄まつり」は、250余年前この地が大凶作に見舞われ、藩主がすさむ領民を癒し活気を取り戻そうと行った豊作祈願祭が始まりといわれています。
 山車が作られるようになったのは、各町内で飾り物をそろえて巡行したのが原形とか、奥方様が京からの嫁入り道具の人形などを飾りつけたのが原形とかいわれますが定かではありません。
 左写真は新庄城址、現在の最上公園内の戸沢神社です。「新庄まつり」ではこの戸沢神社からの大名行列も再現されます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 右写真が新庄城址から繰り出す大名行列です。25日の本祭りはこのパレードから始まります。
「下にぃー、下にぃー」の声に、昔ながらに沿道に正座して藩主の行列を迎える光景も見られましたが、時代とともになくなりつつあります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 山車(やたい)は歌舞伎や物語の一場面を再現し「風流○○」とお題が付けられます。
「風流」と頭に付けるのは四季や時空を超越する意味といわれ、山車にはサクラ・モミジ・ボタンなど四季混在の飾り付けが行われます。
左写真は、24日の宵まつりでライトアップされたパレードの山車(やたい)です。絵巻物を見るような幻想的な一夜に多くの観客が酔いしれます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 25日の本祭りでは、前夜のライトアップされた幻想的な山車
(やたい)と趣が変わった優美な山車が楽しめます。右写真は上
と同じ山車ですが宵祭りと昼の山車では一味違って見えます。

 本まつりでは、各町内を出発した山車がにぎやかな囃子と共に
市内を練り歩きます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2008 1台の山車に1組の囃し方が付き、祭りを盛り上げます

 裏方として祭りを盛り上げるのが山車の後ろにつく囃子方で、
近郷の町内が受け持ちます。

囃子は太鼓・笛・かね・三味線などで編成され、行進や山車どう
しのすれ違いなどの時々によって曲を変え、ひき手の子供たちの
「チェレンコ・ヤッサ!」の合いの手が囃子方を盛り上げます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 祭りでは交通規制が引か
れて駅前通りから出店が立
ち並びます。

宵まつりは観客が沿道を埋
め尽くし、にぎやかな時間
が夜遅くまで続きます。

2008 駅前通りから出店が立ち並びます 2008 駅前通りの沿道は毎年多くの観客で埋め尽くされます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この他、「新庄まつり」の期間中は、萩野・仁田山獅子踊りなど多くの催し物が行われます。
当地では、この「新庄まつり」を夏の区切りとし、祭りが終わると秋じたくへと向かうのです。


▲ このページの先頭へ


新庄まつりの山車(やたい)は各町内の手作り

「新庄まつり」の山車(やたい)は旧市内の町内ごとに、物語や歌舞伎のヤマ場を「風流・・・」とお題を付けて製作します。祭りの数ヶ月前から勤めを終えた若連たちが自分の町内の山車小屋へと集まり手作りで製作しますが、3日間の祭りが終わると壊してしまいます。近年は優秀作が新庄歴史センターや新庄駅ゆめりあに展示され、観光客の方々に一年中見て頂けるようになりました。

 以下にご紹介するのは2014年に練り歩いた山車(やたい)で、左が24日の宵まつり(ライトアップ山車)、右が25日の本まつりの山車です。今年はどんな山車を作ったのか、各町内の絢爛な山車のお披露目を楽しみにされるのも新庄まつりの特徴です。


▼ 1 新松本町 物語部門 【風流】奥州合戦「阿津賀志山の戦い」(おうしゅうがっせん「あつかしやまのたたかい」)



▼ 2 北本町 歌舞伎部門 【風流】助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)



▼ 3 上金沢町 物語部門 【風流】風神、雷神(ふうじん、らいじん)



▼ 4 万場町 歌舞伎部門 【風流】義経千本桜「蔵王堂花矢倉の場」(よしつねせんぼんざくら「ざおうどうはなやぐらのば」)



▼ 5 大正町 歌舞伎部門 【風流】暫(しばらく) ●歌舞伎部門最優秀



▼ 6 上茶屋町 物語部門 【風流】七福神(しちふくじん)



▼ 7 千門町 歌舞伎部門 【風流】壽 三升景清(ことほいで みますかげきよ)



▼ 8 鉄砲町 物語部門 【風流】亀棲山「長泉寺」(きせいざん「ちょうせんじ」)



▼ 9 北町 歌舞伎部門 【風流】義経千本桜「川連法眼館の場」(よしつねせんぼんざくら「かわつらほうがんやかたのば」)



▼ 10 東本町 歌舞伎部門 【風流】茨木(いばらき)



▼ 11 南本町 歌舞伎部門 【風流】蛇柳(じゃやなぎ)



▼ 12 馬喰町 歌舞伎部門 【風流】陰陽師「滝夜叉姫」(おんみょうじ「たきやしゃひめ」)



▼ 13 下金沢町 物語部門 【風流】土蜘蛛草紙(つちぐもぞうし)



▼ 14 常仲町 物語部門 【風流】日本昔話「花さかじいさん」(にほんむかしばなし「はなさかじいさん」)



▼ 15 末広町 物語部門 【風流】陰陽師(おんみょうじ)



▼ 16 若葉町 歌舞伎部門 【風流】歌舞伎十八番「嫐」(かぶきじゅうはちばん「うわなり」)



▼ 17 落合町 物語部門 【風流】源平大合戦「平家滅亡」(げんぺいだいがっせん「へいけめつぼう」) ●物語部門最優秀



▼ 18 川西町 歌舞伎部門 【風流】紅葉狩(もみじがり)



▼ 19 沖の町 歌舞伎部門 【風流】浮世柄比翼稲妻「鞘当」(うきよづかひよくのいなずま「さやあて」) ●ゆめりあ(新庄駅)展示



▼ 20 清水川町 物語部門 【風流】桃太郎(ももたろう)



   ※写真出典:→emuni's room リンク切れ状態です(emuni's roomには山車を引く子若や囃子若連の写真も掲載されています。)

▲ このページの先頭へ

>> 次のページ 最上地方どんな所?>最上地方と最上川




Copyright(c)1999 Futaba Kensetsu Consultant Co..Ltd All Rights Reserved.

HOME会社案内業務案内・実績採用情報お問い合わせおら家の情報発信                 サイトマップ品質・情報保護当サイトの利用

双葉建設コンサルタントは、”技術と誠意”を社是に、確かな技術と信頼ある実績で社会基盤整備をトータルプロデュースします!
〒996-0002 山形県新庄市金沢字谷地田1399番11 TEL:0233-22-0891 E-mail:pi@futaba-c.co.jp